国産の業務用脱毛器(光脱毛器)│ウォーターライトオプティマックス

お問合せバナー 電話番号
美顔器

タグ「エステサロン」を含む記事

エステサロンをとりまく環境と業務用美容機器

2015年9月18日 / 開業を検討されている方


サロン開業
 
皆さんは「エステサロン」と聞くと、どんなイメージを持たれますか?
 
きっと「お金持ちの行く所」や「優れた設備や化粧品を取り扱っている」といった高級なイメージを持つと思います。
そして、お客も社長夫人やモデル、芸能人などを想像するかもしれませんが、意外とエステに通っているOLさんは多く、中には大学生や高校生もエステに通っています。
 
美意識の高い女性のお客様は、金銭的にちょっと無理してもエステに通いたいというニーズがあるようですね。
 

 

■エステサロンは二極化と競争が激しくなっています

最近のエステサロンは「高級」タイプと「リーズナブル」タイプの二極化が進んでいる印象を受けます。
 
エステサロンを開業予定の方は、競合店舗やターゲット層をしっかり調べることが重要になってきます。
特にターゲットが少ない地域での開業は、集客が難しく、経営に多大な影響を及ぼす可能性があります。
 
開業後に後悔しないためにも、しっかりとした事前のマーケティング調査は大変重要です。
アイズプランニングは、エステサロン開業において数多くの実績を持っており、責任を持って調査いたします。
 

 

■立地条件とコンセプトも踏まえてシミュレーションしましょう

エステサロンの開業には店舗の広さや賃料のほか、店舗のコンセプトや近隣の環境を確認したうえで出店地域を決めましょう。
経営が成り立たなくては、せっかく叶えたエステティックサロンの夢も長続きしません。
 
サービス、価格、地域、ターゲットを考慮して、短期・中長期的な収支の予測を立て、健全な運営が可能であるのか、実態に沿ったシミュレーションを行いましょう。
 

 

■差別化のカギは業務用機器にあります

サロン数が増える中で「他店との差別化をどうするか?」というのは、すべての店舗のお悩みであり、取り組まなくてはならないテーマです。
 
美容機器の導入は、オールハンドの技術では出来ない効果を出すことで顧客満足度を上げ、リピーターを増やすことが期待できます。
ただ、どんな機械でも良いという訳ではありません。
機械選びには知識が必要です。
 

 

■業務用美顔器・業務用脱毛器の選び方

一番大切なのは、長く使える業務用機器を選ぶことです。
 
そのためには、製造・販売が国内メーカーかどうかを確認すると良いでしょう。
海外メーカーだと、トラブルがあった場合、時間がかかったり、場合によってはきちんと対応してくれないケースがあります。
 
また、海外で部品を製造して日本で組み立てしたものを「日本製」と言っている場合もありますので注意しましょう。
さらに、アフターメンテナンスも大事です。
 
業務用美容機器は性能、メンテナンス、フォロー体制も踏まえて選びましょう。

タグ: , ,

アーカイブ

トップへ戻る